一筆入魂

フリーライター/編集者 山下久猛のブログ

2011
01/03
日記

2010年を振り返って

順番は逆になってしまいましたが、ざっと2010年を振り返ってみたいと思います。

...と思ったけど2010年はほとんどmixi日記を書いていないため(7月から10月はなんとゼロ! こんなの初めて)夏場は何してたかほとんどわかりまへん。

思い出せる限り無理矢理挙げてみたいと思います。

●ブルーレイレコーダーと50インチプラズマテレビを購入
ついにブランウン管とおさらば。地デジで観られる!と喜ぶも、アパート自体に地デジが導入されてなかったという罠。

●光回線を引き、ついでにフレッツテレビとWOWOWにも再加入
しょうがないので、光回線経由で地デジとBSとCSを観ることに。おかげで映画三昧、ネイチャードキュメンタリー三昧。観たいけど全然おっつかず、ブルーレイディスクがたまる一方という罠。

●「飛鳥2」に5回乗れた
10月に出た「飛鳥2」の20周年記念本で 。歴代10人の船長と6人のクルー、有名人2名にインタビュー。ハードスケジュールでしんどかったけど楽しかった。

●富山初上陸
後から出てくるのにもリンクするが、ツイッターで知り合ったのがきっかけで富山へ2度も行け楽しすぎるひと時を過ごせた(そのうち1回は仕事のついで)

●加山雄三さんと室井滋さんにインタビューできた。
『飛鳥2』の20周年記念本で。 加山さんは生き馬の目を抜く芸能界で50年も生きてこられた大物芸能人なのにとても謙虚でいい方だった。まさに人格者という言葉がぴったり。室井さんも大女優なのにすごく気さくで、サービス精神旺盛な方だった。ほんとテレビのまんま。オフレコ超絶おもしろ話をたくさん聞かせていただき贅沢なひと時だった。

●ダイビングに3回、計13本しか潜らなかった。
(富戸、黄金崎、小笠原)こんなことはダイビング歴10年の中で初ですよ。今年はもっと行きたい。特に石垣、西表、小笠原はマスト! できれば柏島!

●フリーランス4周年。
毎年のことだけど一応。

●井上雄彦氏の「最後のマンガ展」に2回(大阪版と仙台版)行けた
これで一昨年の上野版と3回行けた。
どっちも強硬スケジュールだったけどやっぱ感動
・大阪版→「情熱大陸」の仕事の後、無理くりサントリーホールへ。何度も泣きそうになる。
・仙台版→仙台はさすがに空いており上野、大阪みたいに何時間も並ばなくてすんだのがよかった。
友達との日帰り弾丸ツアーは思いのほか楽しかった。その後のアウトレットでの買い物が後々まで重宝したいい買い物だった。

●エルツー計画倒産でウン十万円トンだヽ( ;TДT)ノ...
初のギャラ踏み倒され事件。フリー仲間の体験談としては聞いてはいたけど、いざ自分が被害者になると全然違う。お金もそうだけど、時間と労力がすべて無駄になったことが何より悲しい。  詳しくはこちら

●ツイッターで友達増えた
 主にライター、編集者など同業者を中心におもしろく素晴らしい人びとに出会えた。まさに友達の友達はみな友達だを地で行くまさに友達増殖ツール。それがツイッター。mixi日記を書かなくなったのも間違いなくツイッターのせい。
 使い方で大いに反省すべき点も多々あるが、そこを改めたら、さらに強力なツールになることが間違いない。今年は去年知り合った人たちとさらに絆を強め、さらに多くの人たちと楽しく酒を飲むことになるだろう(結局そこか)
  ツイッターではあの畑中葉子さんと3回もカラオケをご一緒させていただき、「ラブレターフロムカナダ」を生デュエットできたこともかなり思い出に残る出来事。
 このブログでもインタビューを掲載しているサトシンさんに紹介していただいたのだが、これも元をただせばツイッターつながり。やっぱツイッターすげえわ。


★総論:70点くらい?
 昨年は10月までは仕事も順調で人脈も広がり、いいことが続いたが、11月のエルツーによる初のギャラ踏み倒され事件があり、大ショック。だから100%いい年だったとは言い切れないが、あれさえなければ最高の年だったのでまあまあいい年だったと言えるだろう(100点満点でいえば70 点)。
 今年はもっと仕事、プライベートともに充実、つうか現時点で完全にキャパオーバーの1年になりそう。今年も全力で駆け抜けよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://interviewer69.com/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/91

コメントする

このサイトを検索

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

  • 山下:
    • ありがとうございます。 大先生だなんてとんでもない... 続きを読む
  • fukunaka:
    • すごいすごいすごいですーーーーー!! これからは「... 続きを読む

最近のトラックバック

RSSフィード

ご連絡はこちら

このサイトに関するお問い合わせや、インタビュー・執筆・編集のご依頼は

 

takezo@interviewer69.com

 

までお気軽にご連絡ください。