一筆入魂

フリーライター/編集者 山下久猛のブログ

2010
11/24
日記

あれから1年

小股千佐さん(ペンネーム:平林豊子)が亡くなって1年が過ぎた。

時の経つのは早いものだ。

あれから千佐さんのことを片時も忘れたことはない、ということはないが、ふとしたときに思い出している。

たとえば仕事が重なってしんどかったとき。

彼女だったら「何贅沢言うてんねん。仕事ができるだけ幸せやん」と言うだろうなあとか。

彼女はもうどれだけ仕事がしたくてもできない。

あんなに仕事が大好きだったのに。

そう思うと、ついグチをこぼしてしまう自分が恥ずかしくなり、また仕事に立ち向かっていけた。

また、死についても、彼女の闘病日記を読んで以来、考える機会が増えた。

俺もいつガンになってもおかしくない。

突然余命数ヶ月といわれてもおかしくない。

そうなったとき、俺だったらどうするか。

彼女の闘病日記は壮絶としかいいようのないものだった。彼女のように最後までガンと戦えるか。告知されてからの生き方をどう選ぶか。いや、それ以前に残り少ない命となったときに後悔しない生き方ができているか......などなど。


そして、なぜ千佐さんだったのか...。
理由なんて存在するはずがなく、考えてもしょうがないことなのだが、ついつい考えてしまう。

志半ばで若くして逝ってしまった彼女の分まで精一杯生きていかなければ、なんてそんなおこがましいことは思わない。

ただあの世で千佐さんと再開したときに恥ずかしくない生き方、生き様であればいいなあとは思う。


それまでは俺は俺のできることをやっていこうと思う。

時々彼女のことを思い出しつつ。


ありがとう、お疲れ様、さようなら


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://interviewer69.com/cgi-bin/mt4/mt-tb.cgi/87

コメントする

このサイトを検索

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

  • 山下:
    • ありがとうございます。 大先生だなんてとんでもない... 続きを読む
  • fukunaka:
    • すごいすごいすごいですーーーーー!! これからは「... 続きを読む

最近のトラックバック

RSSフィード

ご連絡はこちら

このサイトに関するお問い合わせや、インタビュー・執筆・編集のご依頼は

 

takezo@interviewer69.com

 

までお気軽にご連絡ください。